先天性障害を防ぐ

妊婦が葉酸を摂取する理由に、先天性の障害から子供を守るためというもの理由の1つになります。つまり障害を予防する効果があるということになります。妊婦だけでなく赤ちゃんにも重要な役割を果たすことになります。妊婦のお腹の中で成長するために欠かすことができない葉酸を積極的に摂取することで、赤ちゃんの脳や脊髄の基礎部分を形成するサポートをしてくれます。

脳や脊髄の基礎となる「神経管」を作るために必要な栄養素が葉酸です。もしこの部分に障害が出てしまうと、神経管閉鎖障害と呼ばれる病気になってしまいます。神経管閉鎖障害になってしまうと様々な病気になってしまう危険性があります。有名な病気が無脳症や脳瘤や二分脊椎症などが挙げられます。これらの病気は予防することができます。そのときに役立つ栄養素が葉酸になります。

サプリ妊娠前から妊娠後3ヶ月までは積極的に葉酸を摂取することが望ましいと言われています。障害が出ないようにするために、妊婦が1日に摂取したい葉酸の推奨量が480μgと言われています。この量は通常の倍以上の量になります。だからこそ無理なく継続的に摂取するためにも、葉酸サプリを活用することが重要になってきます。